電気毛布でも改善できない冷え性を予防する仕方

KMKIMGL0312_TP_V.jpg



こんにちは、コウジです。



現在、寒がりで冷え症なので、電気毛布をしています。


ですが、体がとてもだるい、何度も目が覚めてしまう。




電気毛布の体への影響原因


そんな時には、このような方法があります。


【方法】


レンジでチンして温めて肩に乗せると体が温まるパットみたいなのが気持ちよく冷え性には良いですね。


湯冷めしてしまうと寝るときにぐっすり寝れないのが難点です。


30分しか持たないのが、デメリットですが・・・


寝る2時間から3時間前、半身浴をすると体が温まりむくみや冷えに良いです。


問題はまた朝起きるとまた冷えてしまうということ。


寝ながらメディキュット フルレッグ.jpg




解決するには、日頃や寝る時に着圧ソックスを履いて足の血行を良くしてあげることです。


足に圧力をかけることで血流の流れを刺激し冷えを改善できるからです。


一番冷え性に効くというのが、イタリア製でアルコス社のRecoverySoxという着圧ソックスです。


着圧具合がちょうどよく、履き心地も楽です、なので寝ている時にも履くことができます。




履いている方によると、市販に売られメディキュットやスリムウォークと比べても、位締め付け具合が気持ち良く、本物の着圧ソックスを履かれると全然違うそうです。


本物の着圧ソックスを履かれると全然違うそうで足がじんわりぽかぽかしてくるそうです。





【毎年冬になると冷え性が辛い】


こんなときには、具体的には、冷え感やこりのないようにすると血液が隅々までスムーズに流れて体の機能が上手く働きます。


血行をよくすることを意識する。



・きちんと口を閉じて、いびきや無呼吸のようなことがない質の良い睡眠する。 
・睡眠時間の確保 
・可能なら日中の短時間の仮眠 
・定期的に椅子から立って身体を軽く動かす 
・温めの湯でゆっくり入浴 
・温かい飲み物 
・全身の血行をよくするといわれる爪もみ 
・鼻から息をゆっくり吐くことを意識した腹式呼吸、深呼吸 
・冷えに気をつける 
・きつい服装をしない  
・落ち着ける絵、写真、音楽、かすかな香り 
・口角を上げるだけでもリラックスしていると脳が受け取ってくれます。



気・血・水のめぐりがよい状態をキープするようにして下さい。






冷え症冬の夜の冷え予防法をご紹介

この記事へのコメント