冷え症によって、起こる足のむくみを改善する3つのやり方




冷え症によって、起こる足のむくみを改善したいので、そのやり方が知りたいという方。





「冷え症によって、起こるむくみを改善したい。とりあえずむくみを改善するために原因を調べたんだど、果たしてどれだけ効果があるんだろう?  

むくみに対する効果的な方法を紹介。」






目次 




・1.冷え性によるむくみの原因は、 
・2.足のむくみを取るには筋肉を鍛えることで 
・3.足のむくみを取るためにすること






【冷え性によるむくみの原因は】


むくみの原因は、水の排出がうまくできていない、水滞(すいたい)というものが原因です。


体の約60から70%は水でできています。


血液中では血漿(けっしょう、血液の液体部分)の約9割が水で、栄養物を全身に巡らせ、体温調節を行ったり、 
生命活動には必要不可欠となっています。


水の巡りが滞り、カラダに溜め込んでしまうと、不調を引き起こしてしまいます。



漢方では水滞(すいたい)とよばれているんですが、その名の通り、水の排出が停滞している状態です。
塩分の摂り過ぎやアルコールの摂り過ぎもよくありません。



・水分をよく摂るわりにトイレの回数が少ない 
・お腹を触ると冷たい、お腹がちゃぷちゃぷする 
・夕方になると足がむくみ、ふくらはぎを親指で押したらへこんで戻らない 
・靴下のゴム跡はクッキリと残る 
・落ち込みやすい 
・曇りの日や雨が降ると体調をくずしやすい



3つ以上あてはまると水滞の可能性があります。代謝の低下、冬は夏に比べて活動量が減るので、血流やリンパの流れが滞りがち。そこで溜まった不要な水分がむくみとなって表れるんです。血行不良による冷えで筋肉が硬くなるので、むくみが改善しにくいです。






足のむくみをとる!簡単解消法を和歌山の整体「廣井整体院」が解説!


【足のむくみを取るには筋肉を鍛えることで】


足のむくみを取るには筋肉を鍛えることで解消されることがあります、

ふくらはぎのむくみの原因は、筋肉の不足によるものです。

女性は男性に比べて筋肉が少なく、毎日運動していないとポンプ作用に必要な筋肉が不足してしまいます。

マッサージや生活改善をやっても、効果がないといったことがあります。




【足のむくみを取るためにすること】


足のむくみ取るのに効果的なやり方があります。

それが足をマッサージすることです。

マッサージを行う際は、クリームを使うようにして下さい。


やり方は、まず、手の平で全体に、優しく撫でるようにしながら、足先、
足首から、上へクリームがなじむようにつけます。

次に、足の指の間には、手の指を入れて、ゆっくりでいいので、足首を左右に
向けます。

そして、足を奥に押し、手前に倒し、それぞれ5秒行います。

最後に、土踏まずの部分は、手の拳でぐるぐると円を描くようにしてツボを押します。 



ふくらはぎを意識しながら、立ったまま、その場で足踏み、つま先立ちでかかとの上げ下げ、アキレス腱伸ばし、ふくらはぎを動かすことで、カラダ全体の血流がアップします。





 
このようなやり方もフロッグハンドと呼ばれるものを使うことで効果を得ることができますよ。




フロッグハンドを使った、ニーアップ・バランストレーニングポイント解説


試しに【フロッグハンド】 を見てみる。


















この記事へのコメント