1日5分、冷え性改善に役立つストレッチで対策を

IVOL_STUDIO_003_TP_V.jpg



1日5分で、寝たままでもできるストレッチ。




冷え症で困るのが、夜、手足が冷えて寝れないとか、室内での仕事、春や夏に夏になっても、冷えてしまう。



春や夏になっても冷えで困っているという方もおられるのですが、そんな方に、1日5分で、寝たままでもできるストレッチというものを紹介。




全身の血液の流れが悪くなって起こるため、気温が上がっても体質が変わるというのは簡単ではありません。



そのストレッチというのは




ストレッチは運動前などに行うのですが、このストレッチ実は体に良いんですよ。



そのストレッチは、1日5分やるだけで健康的な体を作ることができるというものなんです。



体に良い理由というのが、体の可動域を広げて柔軟性を高め、血液の循環、改善や向上、長時間の同じ姿勢や運動不足による体の硬化を防いだりケガの予防、疲れを残さない、美肌やダイエットといった美容効果もあります。



下半身の血流を改善する効果があって、下半身の血流を改善して、全身の血流を改善することで、手足の末端部分への血流改善に期待できます。




ふくらはぎのストレッチのやり方



左右各20秒キープ×1セット



第二の心臓と呼ばれるふくらはぎの筋肉を伸ばすストレッチで、血液の循環をスムーズにするポンプの役割を担うふくらはぎの筋肉をほぐすと、血流がよくなり冷え性が改善されます。



足首を曲げながらヒザを伸ばすことで、ふくらはぎの筋肉がストレッチされます。




まず、仰向けになり、ヒザを90 度に曲げる。ヒザの角度をキープしたまま片方の脚を胸に引き寄せ、両手で足先をつかみます。



足先をつかんだまま、足首を曲げながらゆっくりとヒザを伸ばしていき、太ももの裏ではなく、ふくらはぎの筋肉が伸びていることを意識します。



うつぶせ太ももストレッチ



うつぶせになり、片方の手は顔の下に置く。顔の下に置いた手とは逆の脚のヒザを曲げ、もう一方の手で足先をつかみ、ヒザを曲げた脚の甲からつま先にかけてをつかみます、ゆっくりと上体を反らしながら足を斜め上方向へ引っ張って、脚の付け根から太ももの前の筋肉までを伸ばします。




引用元:ニコニコニュース



この記事へのコメント