暑がりで汗っかき、さらに冷え性に効果のある漢方の選び方

暑がりで汗っかき、さらに冷え性に効く漢方は?


これまでに漢方を飲んでみたけれど、改善されなかったのは 
体質に合わないのが原因だと思ったんですよ。



暑がり汗っかき、冷え性なので、漢方薬を試したけれど逆に汗が増えたり暑くなってしまったりと 
どう解決していけばいいのか考える。


漢方でも


漢方っていろんな種類がありますが、程度知識・経験のある方に、体質や食生活など全般からその人の症状原因を 
探し出してもらい、治療の方向性を決めるほうがいいですね。



効果が出ないという事は、体質によっては、必要なものが不足していたりします。


暑がりで汗っかき、さらに冷え性。


この冷え性を漢方で改善したい場合、体質は、東洋医学で「証」と言われてて、処方は変わります。


効果がある漢方薬というのが、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん),八味丸(はちみがん), 温経湯(うんけいとう),甘草乾姜湯(かんぞうかんきょうとう),桂枝加朮附湯(けいしかじゅつぶとう)。


体質にもよるので、それぞれの漢方薬を調べて、冷え症以外にどのような症状に効果があるのかを効能を見て,自分に一番近いと思う漢方を選ぶのと良いですよ。



こちらの【漢方薬の成分・配分】を説明したサイトでは漢方薬を表にまとめているので参考にして下さい。 




でも、漢方薬で症状を軽減できたとしても、基本的生活習慣ができていなければ、薬を止めたとたんに元通りの体質になってしまいます。

ですので、漢方薬を飲む一方、早寝早起きをしたり、3食(朝食)をがっつり食べるといった基本的なことはやるようにして下さい。










この記事へのコメント