自分でもできる冷えの予防とケア方法!?

GREEN20160902334818_TP_V (1).jpg


僕なりに冷えを改善するためにいろいろと試しているのですが、今回は専門家がアドバイスしてくれる 
自分でもできる冷えの予防とケアについて書いたので、参考にして下さい。




女性だけじゃない男性も



冷えは女性だけじゃなく男性も悩んでいるんですよ。


冷えというのは、血液の循環が悪くなり、主に手や足が冷えていると自覚される症状のこと。


実際、健常者の平熱が36.5から37℃よりも、体温が低くなっていることが多いです。


さらには、気温が低下している今の時期は、冷えのリスクは大きくなります。



PAK86_kibunhajyounin20141221135634_TP_V (1).jpg


放置しておくと「肩こり、腰痛、生理不順、生理痛、癌、うつ病、不妊症、生活習慣病など万病のもとになると

冷え対策の専門家としても知られ、監修を務める東京有明医療大学保健医療学部鍼灸学科の川嶋朗教授は話す。


ですが、自分でもケアすることはできます。



自分でできるケアの仕方


冬でも薄着の人が多いんですが、これはダメです。ファッションは身体が温まる服装が鉄則。


温まる服装の基本的なポイントというのが、首、手首、足首。首元にはマフラーを、手首は手袋、足元はレッグウォーマー、最近ではメンズ向けもあるので、これらを着けて、部位が隠れるようにして下さい。


マッサージ、実は冷え防止に効果的で、やり方はまず、反対側の手で腕を1分ほど揉みます。


もむのが大変なら、下から上へさするようにマッサージします。


終わったら、左右を変えて行います。


身体の末端にある手先、この手先、血流が悪くなると冷えやすく、血のめぐりをよくすることで 
冷えに効果があります。


この方法は家でもできて簡単です。


まず、手首の少し上までつかる程度の少し深めの洗面器を準備します。


洗面器には、40~42℃前後の湯を入れ、手首までつかるようにします。


10~15分つけるようにするとしっかり温めることができます。


途中で湯が冷めると、熱めの湯を少し足して、湯の温度を調節するようにするといいですよ。



引用元:@ DIME アットダイㇺ






この記事へのコメント