身体の芯や足の裏が冷たい場合の解決策は

どれたけ温かい服を着ても、生姜など温める食材を食べても、お風呂に入っても身体の芯や足の裏が冷たいんですが、 
何か解決策はありますか?



冷え性は一瞬で治るものではなく、継続力が必要になってきます。



運動不足などで筋肉量が少なくなり、血流が悪くなってしまうのが原因です。


筋肉量が少なくなると、筋肉の収縮が小さくなるので、血液を運ぶポンプの力が弱まるため、血液の流れが悪くなります。



温冷足湯も冷えに効果があるので、そのやり方を紹介します。



用意するもの



用意するものは、大きめのバケツ(おけ)を2つ  
タオル、40度くらいのお湯(くるぶしくらいの量でいい) 
水(お湯と同量)、つぎ足し用のお湯(冷めてきたら使います)


やりかた


①.2つのバケツ(おけ)に、それぞれ、水、お湯を入れます。 
⓶.椅子などに座って、お湯の入ったバケツに足をいれます(2~5分程度) 
③.次に、水に足をいれます(2~5分程度) 
④.お湯→水の流れを、5回程繰り返し、最後は水に足をいれます。


改善できるグッズとして着圧ソックスによる血流促進がおすすめです。


足の裏が冷たい場合、このような手軽に履けて暖かくしてくれるグッズは便利です。



着圧ソックスは足元を温めるのに効果があって、冷え性の原因である血流の滞りを改善して、血流をうまく循環するように 
促してくれるからです。



段階着圧が施されている医療用のものが病院でも使用されているので、血行不良によるむくみや冷えの患者にも取り入れられています。



これからの季節にぴったりの着圧ソックスなんてどうでしょうか。



夏にもぴったり 着圧ソックス【2足で1800円】【3足で2400円】(日本製 靴下 着圧 レディース むくみ防止 むくみ解消 美脚 ダイヤ柄 アーガイル柄 白 ナース カラバリ豊富 看護師 脚痩せ ふくらはぎ おやすみ 就寝 立ち仕事 座り仕事 引き締め効果)


感想(541件)






この記事へのコメント