冷え性が原因で起こる足の冷えや血行不良に効果のあるツボを紹介

冷え性が原因で、足先が冷たく感じられて眠れないその原因は





冷えしょうの原因は血行不良や、運動不足ですが、冷えと同時に頭痛、肩こりといった不定愁訴が見られることも多いです。



東洋医学では、下半身が冷えた分、上半身に余分な熱がたまり、頭痛、肩こり、どうき、吐き気など臍(へそ)から上の症状が引き起こされているそうです。


慢性肩こりも、靴下を一枚履いただけで治ってしまうことはあります。下痢、便秘、頻尿、生理痛なども足の冷えが原因です。



今回は、冷え性が原因で起こる足の冷えや血行不良に効果のあるツボを紹介します。



ツボには



冷えに効くツボはいくつもあるのですが、実際の鍼灸治療だとその人に合ったツボを複数選んで使用します。




水分代謝から冷えを改善するツボ、栄養の吸収をよくして代謝を上げてからだを温めるツボなどさまざまです。



「血行不良」の場合は、血が薄い、血がドロドロ、高血圧、糖尿病などは血流の状態などがイになるところ。





太衝(たいしょう)と呼ばれるツボを押すことで、血流から冷えを改善することができます。



肝臓、筋肉、眼など身体の部分と深い関係のある「肝経(かんけい)」という気の流れに属しているので、肉体疲労、精神的ストレス、眼精疲労、肝臓の疲れからツボを押すと痛いことがあります。










冷えていると、へこんだ感じがしたり、冷めたく感じたりします。








引用元:求心製薬株式会社











この記事へのコメント