冷え性によって起こる吐き気や腰痛の原因 

冷え性によって起こる、吐き気や腰痛




実は、体の冷えが原因でした。体が冷えることで吐き気や腰痛になってしまう原因というのが・・・



寒くなると、吐き気を感じることが多くなることがあると思います。


これは、女性に限らず、男性にも増えています。


そう冷え性。ただ身体や手足を冷やすだけではなく、あちこちに不調をきたしたりするんです。



吐き気の原因は冷え性 




原因不明の吐き気が起きたら、冷え性が原因であると考えていいです。



冷え性の人は全身の血液の循環が悪く、手先や足先などの末端部分まで血液が十分に行き渡りません。


細胞が栄養不足や低酸素状態になり、頭痛や肩こりなどあらゆる体調不良の原因になります。


こうした症状とともに、吐き気が現れることがあります。 


そして、頭痛や吐き気、肩こり、冷えなどの症状が起こる場合、自律神経失調症の恐れがあります。




自律神経失調症というのは




自律神経の交感神経と副交感神経のバランスが崩れることで、起こるさまざまな不調のこと。自律神経失調症の原因は、精神的なストレスや気温の変化などで起こるといわれています。




吐き気は、決して冷え性や自律神経失調症だけで起こるものではなく、食生活の乱れによる、食べ過ぎや飲み過ぎ、乗り物酔いなどのほかに、ストレスからくるもの、月経中の症状として起こることがあります。



胃炎や脳内出血などの重大な病気が原因となり、吐き気が起こっている可能性があるので、吐き気がひどい場合はすぐに病院を受診して、治療を受けるようにして下さい。



吐き気が軽度で、冷えによるものだと仮定した場合、日頃からの冷え対策をしましょう。










温かい飲み物を飲んだり、厚手の靴下や靴下の重ね履き、腹巻きを身に着けたり、足先や手先をお湯で温めたり、ふくらはぎのストレッチで足の血行を促したり、ウォーキングなどの運動を行うようにします。




引用元:Rhythm (リズム)


この記事へのコメント