熱中症が原因で冷え症に

18134c72fa6d526fe3e3958cf51b0864_s.jpg



夏の熱中症の対策として、こまめに水分をとり、多くの汗をかいた場合は塩分を補給、屋外では帽子や日傘で直射日光を防ぐなどの工夫をし、屋内では室温が28度を超えないよう冷房や扇風機を使用して、体を冷やすことが重要なんです。



ですが、そこには落とし穴があったのをご存知でしたか?


その落とし穴というのは・・・


熱中症に潜む冷え症



寒い室内と暑い屋外とを行き来するうちに、体の冷えが強くなり、体温がうまく調節できなくなることがあるんです。


これを「冷房病」といいます。



「冷房病」というのは


自律神経は体温調節や発汗などのコントロールをしています。そのバランスが崩れると「冷え」に対しての抵抗力が弱くなってしまいます。 足腰の冷えや、だるさ、肩こり、頭痛、食欲不振、神経痛、下痢、不眠など・・・「冷え」によって起こる様々な症状を冷房病と言う。


冷房での室温調整や飲み物での水分補給は大事ですが「冷やし過ぎ」も注意が必要です。




でも体が冷えるなら熱中症にならないんじゃないの?


と思われているかもしれませんが、それは違います。


冷え症は熱中症のリスクを高めることも、体温調節に関しては、汗がでにくくなり、熱を逃がせない、


もしくは必要以上の大量の汗をかいて、水分や塩分が大量に失われるなどの事態が起きるおそれがあります。


体温が低下することでホルモンの分泌や免疫機能に影響が出て、熱中症への耐性も低下していくことに。



熱中症や冷え症の原因には、自律神経の不調が大きく関わっており、体温の調節に重要な働きをしているのは、自律神経です。


自律神経は交感神経と副交感神経の2つが補いあうように働いていて、交感神経が緊張すると血管が収縮して血流が減り、副交感神経が緊張するとその収縮作用を弱めてくれます。


2つの神経がバランスよく働くことで血液が体中に流れて体温が維持され、自律神経のバランスが崩れると血液の流れが滞り、冷え性にも熱中症になる可能性が高いです。



交感神経(こうかんしんけい)


内臓諸器官に分布し,意志とは関係なしに,副交感神経に拮抗して内臓の働きをコントロールする。 交感神経はほとんどすべての血管を収縮させて血圧を上昇させ、副腎髄質でアドレナリンの分泌を促す。 全身的にみれば、瞳孔を散大、心臓血管系を促進。消化器系や泌尿器系を抑制して、身体活動に都合のよい状態をつくる。




副交感神経系(ふくこうかんしんけいけい)


英語で、Parasympathetic nervous system, PNS、ラテン語: Pars parasympathica divisionis)は、自律神経系の一部を構成する神経系であり、コリン作動性である。 交感神経系と対称的な存在で心身を鎮静状態に導く






冷やさなければ熱中症 冷やせば冷え症 こんな場合どうすればいい



自分がどういうタイプの冷え症か知って対策する必要があります。



冷え症は、大きく分けて4つのタイプがあります。


・手と足先が冷える四肢末端型 
・下半身だけ冷える下半身型 
・体の内部、内臓が冷える内臓型 
・体全体が冷える全身型


四肢末端型 


代謝が少なく、交感神経優位の人が多い。血液が身体の中心に集まり手足が冷たくなっているので、まずは自律神経を整え、血液の流れを調整する必要があります。


代謝が落ちているので、食事を通して体温を上げるエネルギー源となるタンパク質をしっかりとっていくのを心がけ、冷房を使うと室内では冷たい空気が下にたまるので、足先を温めると効果があります。


下半身型


下半身が冷えていて、上半身に熱が全部上がってしまっているタイプ、全体的な熱容量は健康な人とほとんど変わらないのですが、“冷えのぼせ”ともいえる状態です。


のぼせているので顔とか上半身によく汗をかき、とくに男性に非常に多いのが特徴。足先を温めると効果があります。


内臓型 


代謝が少なく、副交感神経優位の人が多いです。四肢末端型と反対に、内臓型は身体の中は寒くなっているんですが、表面に熱が移動するので表面は温かいです。まずは自律神経を整える必要があるので、内臓型はどちらかというと食事よりも運動を行うといいです。


全身型


四肢が冷えることもあり、その上、代謝が非常に落ちこんでいるため、体温そのものが落ちてしまいます。体温を上げるために食事で体温を上げるエネルギー源となるタンパク質をとることで効果を得ることができます。


引用元:シュト子の防災ナビ






この記事へのコメント