冷え性と血流の関係について

冷え性と血流の関係。



冷えというのは、手足が冷たいだけでなく体の様々な不調と関係しているので、冷えで悩んでいるという方は多いのではないでしょうか。



具体的に冷えというのは



手足や臓器への血流量が低下することで冷たさを感じることを言います、手足のみが冷たい人は末端冷え性。特に女性で悩んでいる方が多いんです。



末端冷え性の場合、手足の先に行く毛細血管への血流量が低下することによって起こります。


血流が低下すると


血流が低下する原因に血液がドロドロ、運動不足、生活習慣が挙げられます。


血流は血液の流れを表しているので、血液が「ドロドロ」の場合は、流れが悪くなります。


血液の質を低下する要因として糖質・脂質の取りすぎ、.水分不足、塩分の取りすぎが主な原因です。


血液は心臓を介して全身に送られるのですが、末梢から心臓に送り返すためには静脈のポンプだけでは不十分で、筋肉の力も必要になります。


運動不足である女性の場合、筋肉が細くなり筋肉によるポンプ作用が弱く、血液を十分に心臓に送り返すことができなくなります。


デスクワークなど筋肉を動かさない場合も、筋肉ポンプがあまり使用されません。


血流が低下し、足がむくんでしまうこともあるんですよ。



参考までに、低下した血流を整える【江崎グリコ】gg MEGURU〈ジージーメグル〉




血管の収縮・弛緩は自律神経によってコントロールされているので、ストレスによって自律神経が乱れると血管の働きも乱れてしまいます。



タバコは末端の毛細血管への血流を妨げてしまい、アルコールは一時的には血流が良くなるんですが、脱水や毛細血管への血流を妨げてしまいます。




なので、冷えにつながりやすくなります。冷房など外因的要因もあるのですが、体の中からくる原因や影響というのが



・全身:疲労・体のだるさ、食欲不振、便秘  
・痛み:肩こり、腰痛、痙攣(つる)、足のむくみ  
・皮膚:乾燥肌、皮膚のかゆみ、アレルギー



これらは体全身に不調を引き起こしてしまう要因です。 



冷えはただ単に体が冷たいと感じるだけのものではなく、原因は寒さやエアコンのみでなく、日頃の食生活や運動不足からも起こり、全身の不調を引き起こす可能性があるということです。



引用元:冷え性の原因と血流の関係|南東北春日リハビリテーション病院



この記事へのコメント