冷え症、実は女性だけでなく男性にも


冷えは、女性だけでなく男性もあります。




冷え症というのは、血液の流れが悪いため毛細血管へ温かい血液が流れずに、血管が収縮し、そのために手足などが冷えてしまう状態のこと。




気温とは関係なく体が温まらないので、真夏であっても冷え症の症状は出ます。



男性も加齢により、筋肉量の低下や、臓器機能の衰えなどにより熱を発することが出来なくなり冷えを感じます。


高齢の男性では頻尿の原因にもなり、体を温めると肩こりや腰痛などが楽になるような場合は、冷えているのが原因です。




冷え症が女性に多い理由として・・・



多い理由というのは




筋肉量が少なく脂肪が多いから 




女性は男性に比べ筋肉が少なく、また付きにくくなっていて、そのため熱を作る力が弱いです。



脂肪が多く、付きやすくなっているので、脂肪は一度冷えると温まりにくい性質を持っているため、冷えの原因に。




子宮や卵巣などの臓器と月経がある 



子宮や卵巣など血流の妨げとなる内臓が多いため、腹部の血流が悪くなります。月経時に血液が減るので、熱を伝える血液が体の末端まで届きません。



薄着や衣類によるしめつけ 



寒い場所でのスカートなどの薄着は、体を冷やしてしまい、下着やタイトな衣類での締め付けも血流を悪くし、冷え症の原因になります。







血管年齢8歳の中年男が血管年齢若返りの簡単な方法を伝授した動画



ほかにも運動不足や、不規則な食事、生活、ストレス、自律神経の乱れ、喫煙、便秘などさまざまです。


では、どのようにして改善すればいい?




入浴や半身浴、適度な運動、規則正しい食事を摂り改善するというやり方も効果があります。


ほかにも朝は一日の中で最も水分が失われているので、白湯を吸収しやすく、体温が最も低いため白湯によって体が温まりやすい。




指先のマッサージ 



指先の血行が良くなると、全身の血行が改善され、肩こりが軽くなり、疲れやだるさが取れ、体温が上がります。


腹式呼吸 


深くゆったりとした呼吸。これは副交感神経が働きます。


ふーっとお腹をへこませて吐いたら、吐くのをやめます。すると自然とお腹が膨らんで肺に空気がはいってくるので、5分繰り返して下さい。





引用元:横山血管クリニック




















この記事へのコメント