岩盤浴で肩こりと冷え症対策に期待できますか?

TSURU170321-85mm-119_TP_V.jpg



岩盤浴で肩こり冷え症を改善できるのでしょうか?



岩盤浴というと、健康効果やダイエット効果があると話題になりましたね。



温められた石の上に横たわっているだけで、しっかり発汗できてダイエット効果も期待できるというもので、普段は、体を動かして汗を流す機会が少ないという方も利用されているそうです。


寒い季節になれば、肩こり解消のためにと利用する方が多いようです。




岩盤浴で肩こりは




岩盤浴は、温かい天然石の上に横たわり、体に適した時間ごとに寝返りを打ちながら過ごすことで、体全体にマイナスイオンと遠赤外線による効果を得ることができます。


医学的にはまだまだ解明されていない点も多く、体をリラックスさせることで、自律神経の安定、疲労回復に役立つと考えられています。


遠赤外線は、マッサージを受けた後と同じような効果が得られ、身体の約4cm内側まで熱が伝わることで、血行が促進され、老廃物を流すことも期待ができます。


体の中にある発汗機能の大幅な改善が見込まれるので、冷え性改善にかなりの期待ができます。


冷え性に悩まされていたがど週一、二回岩盤浴に通ったら治ったといった方もおられます。




利用する際には以下のことに注意しないといけません。



・水分補給を十分にとる 
・高血圧や心臓病の方は岩盤浴を控える。 
・高い頻度で通いすぎない 
・飲酒後は岩盤浴に入らない 
・小さいこどもが岩盤浴に入るのは控える 
・妊娠中の利用は控える



岩盤浴をする際は、多くの汗をかくので水分補給はしてください。


高血圧や心臓病の方の場合は血圧に影響を与えるので、事前にかかりつけ医で念のために相談してください。



週1~2回のペースがベスト。週1~2回であれば冷え性対策に期待できますが、十分効果を得られるからと頻繁に通いすぎるのはよくないので、控えるように。


お酒で水分をとるのはやめるように、アルコールに含まれる成分には、血管を収縮させる働きがあるので、急激に血圧が変動したり、脳血流の原因になりかねません。岩盤浴の前にお酒を飲むことはやめてください。



小さいこどもは大人と比べて汗をたくさんかく環境に慣れていないので、まだうまく汗をかくことができません。


そのため熱中症にかかりやすいことが多いです。なので、小学生低学年をこえたあたりで、汗をかくことになれてきてから岩盤浴に入れるようにしましょう。



岩盤浴に使われている鉱石の中には微量ながら放射線を出すものもあって、今のところ放射線による胎児への影響はまだはっきりと出されていませんが、この場合控えておくに越したことはありません。


様々な可能性も考えて妊婦さんの間に利用するのは避けておいたほうが良いです。











この記事へのコメント