冷え性の中に「ストレス冷え」というのがあるそうです

手足が冷たく、足が冷えて眠れない。男性だけでなくとくに女性にも多い冷え性。




kuchikomi761_TP_V.jpg





温めても治りにくい冷えというのは、自律神経が関係しています。





自覚症状のない人もいたりして、症状もさまざまです。





あなたは、暖かい部屋に入ると、すぐに手足が温かくなりますか、それとも、なかなか温かくならないほうですか。





手足などの末梢の血流というのは





手足などの末梢の血流は、自律神経の働きによって調節されていますので、ストレスがかかって交感神経が緊張すると、末梢血管は収縮して血行が悪くなります。



手足がなかなか温かくならない人は、自律神経の働きが乱れているために血流の調節がうまくいっていない可能性があります。




これをストレス冷えといいます。冷えの自覚症状はあるのに診察しても冷えがない人や、逆に足が氷のように冷えていても自覚症状がない人など、冷えの認識にずれが生じていることもあると言われているそうです。





女性ホルモンや病気での冷え






女性の冷えの場合、女性ホルモンの乱れから自律神経に変調をきたすことも多く、このような場合は、冷えだけでなくのぼせの症状も現れます。 



甲状腺の機能低下、貧血、低血圧、膠原病(こうげんびょう)などによって、冷えの症状がみられることがあるので、病気による冷えは、原因に対する治療が必要になります。




DI_IMG_5788_TP_V.jpg





こんな生活をしていませんか?



・朝食は抜くことが多い 
・冷たい飲み物や食べ物を年中食べている 
・運動不足である 
・夜更かしや昼夜逆転の生活をしている  
・入浴はシャワーのみで済ませている




これらはすべて体を冷やしてしまいます。朝食を抜くと体温が上がる機能は働かず、筋肉不足では熱が生み出せないんです。




昼夜逆転は日内リズムを乱して、日中に体温が上がらない人もいて、便利な生活がかえって冷えを助長してしまいます。





この記事へのコメント