冷えによる、足のむくみや、リンパ浮腫、こむら返りに、効果のある「ルピエライン」をご紹介

足のむくみや冷え、リンパ浮腫、こむら返りに、効果のあるルピエラインはどうでしょうか?


  

冷えやむくみというのは、血液の流れが悪くなると、重力によってひざ下に溜まった水分が正常に循環することなく滞ってしまいます。 







むくみをわかりやすく説明





人間の体は、心臓から血液が全身の細胞へ動脈という道を使って酸素や栄養分を届けるために送り出され、届けると同時に細胞から排出された二酸化炭素や老廃物を回収して、静脈という道を使って心臓に血液を戻します。



この流れの中で、足を流れ心臓に戻る血液は、重力に逆らって心臓に戻らなくてはならず、血液を戻すためのポンプの役割を果たすのがふくらはぎの筋肉です。



人間の下半身には全体の7割もの血液が集まっていて、ふくらはぎの筋肉が動くことで血液を心臓に戻します。


血液を心臓に戻すには、ふくらはぎの筋肉を伸び縮みさせる必要があって、なんらかの理由でうまくいかなくなるとふくらはぎで血液が停滞して足がむくんでしまいます。









一過性のものと慢性的なもの




むくみ以外は生活習慣に原因があるといっても過言ではなく、就業環境の変化、昼夜逆転の仕事環境、日常生活での夜更かしなどで寝不足になってしまいます。



不規則な食生活や、ファーストフード、インスタント食品中心の食生活による栄養の偏りにより、肥満傾向になるか過度なダイエットで痩せすぎになる危険性もあります。 



運動不足が加わり、筋肉が衰え、肌もハリが無くなり、これがむくみ体質になる原因に。 寝不足、運動不足、栄養の偏り、ストレスはむくみの大きな原因です。



運動不足によってふくらはぎの筋肉が衰えることで、ポンプ機能が低下、足の血液を心臓へ送り戻す効率が悪く、過度なダイエットによって足の筋肉が弱ってしまう状態もこれと同じです。



ポンプがうまく働かないことや、味の濃い、塩分の高い食べ物を摂りすぎでもむくみの原因になります。塩分には水分を抱え込む性質があり、余分な水分をうまく排出できなくなり体の中に溜まってしまいます。



特にマッサージやストレッチはむくみに効果があります。



ふくらはぎに溜まった余分な水分や血液を心臓に戻すようにして、もむのではなく、なでるようにしてリンパ液の流れを改善する。 







ルピエラインを使用するとこんな感じ



ふくらはぎにある腓腹筋やヒラメ筋をストレッチでほぐすことで、血流の流れを良くし、血行を促進します。




足のむくみや冷え、リンパ浮腫、こむら返りに、効果のある「ルピエライン」というものがあるのですが、これはひざ下をマッサージしてあげることでむくみや冷え乾燥に効果があります。10分から15分ほどマッサージするだけで温まるので気持ちいいですよ。











この記事へのコメント