冷えからなる内臓を温める食べ物

冷え性を和らげるために、体の中に取り入れるために食べ物は大切です。




YAMA_DSC0713_TP_V.jpg



東洋医学では、体を温める食べ物を「陽」の食べ物、体を冷やす食べ物を「陰」の食べ物だと区別されているんですね。



寒い時には温かいものを口に入れたくなりませんか?



でも、温かい食べ物は、間違えて摂ると体を冷やしてしまうことがあるので、体を温めるものや冷やすものを見分けて、冷え性対策をして下さい。



そこで、体を温める食べ物と冷やす食べ物の見分け方があるんです。




見分ける方法




寒い国では体に熱を吸収して蓄える必要があるので、体を温める果物や野菜が育ちます。


逆に、南国では体内にこもった熱を下げるため、体を冷やす食べ物が育つというわけです。


地下と地中で育つものは体を温め、地上で育つものは体を冷やします。



冬に地下で育つ根菜類が多いのは、動物も人間も体を温める必要があるためで、夏に地上で育つトマトやキュウリ、スイカなどが多いのは、体を冷やしてしまいます。




ELFADSC06482_TP_V.jpg



体を温める食べ物は



発酵食品には体の代謝を良くする酵素が入っており、発酵食品は体を温めます。



発酵食品として味噌や納豆、醤油、漬物、チーズやヨーグルトなどが挙げられます。


日本酒や紹興酒が体を温めるのも、発酵して造るお酒だからです。


色でも体を温めるか冷やすかを見分けることができます。


オレンジや黄色の野菜や果物は体を温めて、白・緑・紫の食べ物は体を冷やします。


暖色系は体を温め、寒色系は体を冷やします。


ただし、暖色系だけど体を冷やすトマトのようなものもあります。


味では、塩や醤油を使った塩辛さを感じるものが体を温めて、酢を使った酸っぱさを感じるものや化学調味料を

使ったものが体を冷やしてしまいます。





冬が旬、寒冷地で育つ、地中で育つ、暖色系、水分が少ない、発酵食品 



・ニンジン 
・カボチャ 
・タマネギ 
・レンコン 
・ゴボウ 
・ジャガイモ 
・自然薯 
・玄米 
・鮭 
・納豆 
・キムチ 
など



料理をする時は、素材だけではなく調味料にも気を配るといいですよ。



冷えてしまう食べ方



生の柿は寒性ですが、干し柿にすると温性になるので、冷え性だけど果物が食べたいという人は、ドライフルーツにして食べるといいですし、体を温める生姜も、蒸したり焼いたりすると体を温める力と持続性が増すので、より冷えにくくなります。



豚肉の生姜焼きを食べたり、紅茶に生姜を入れて飲んでみたりするとより効果がありますよ。



野菜や果物をたくさんとってしまうと、バランスを崩してしまったりするので、気をつけてください。 




smoothieIMGL3707_TP_V.jpg



美容や健康にいいと朝にスムージーを飲むことが流行りましたね。



でも、朝ごはんとして寒涼性の果物や野菜のスムージーをとるのは、体を冷やしてしまうので要注意です。










この記事へのコメント