冷えによる自律神経の乱れを改善するために

冷えによる自律神経の乱れを改善するための方法をまとめました。



eakon_reibou.png




自律神経が乱れる原因というのは





過剰な冷暖房、食生活の乱れ、不摂生、ストレスなどが挙げられます。夏場に冷房をつけていたという方は、冷房をつけた室温というのは外気との温度差が10度近くになることがあります。



その環境で外と中の行き来が多くなると、頻繁に熱の産生と放出とを繰り返さなければならないので、自律神経に負担がかかってきます。



なので、体温の調節機能が低下して、冷えの症状が出てきます。夏場の冷房だけじゃなく、冬場の薄着や冷たいものを摂りすぎても自律神経の調整機能を低下させてしまい、冷えの原因になります。





冷え性の方は、手足が冷たい、冷房にあたると具合が悪くなる、秋口から春の終わりまでカイロや電気毛布が必要、寝るときは夏でも靴下をはいている、すぐにおなかが痛くなり、下痢になったりいった特徴があります。





よくならないのは



体が冷たい、それがつらいだけではなく、さまざまな病気が引き起こされたり、症状がより強く現れたりする原因にもなるからで、体が冷えて関節が痛くなった、おなかが痛くなったという経験をした人も多いと思います。



冷えにより、月経不順、無月経、月経困難症、月経前症候群(PMS)、不妊症、更年期障害、アトピー性皮膚炎、気管支喘息、関節リウマチ、腰痛、肩こり、頻尿、膀胱炎、過敏性腸症候群(IBS)、下痢、慢性疲労、不眠などの病気を引き起こすことがあります。


西洋医学では、「冷え」という概念は存在せず「冷え症」と診断されることはないのですが、症状の内容、血液検査などの結果から、自律神経失調症や、低血圧、貧血と診断されれば、治療を行うことになります。




medical_setsumei_doctor.png



自律神経失調症 
交感神経と副交感神経の調整が乱れている病気で、血管の拡張や収縮がうまくできなくなり、血液循環が悪くなるため、冷えのような症状が起こってしまいます。



低血圧 
血圧が低く、起立性低血圧だと、立ちくらみやめまいがみられる。




貧血 
体の細胞は血液中の栄養素や酸素を利用して熱エネルギーを産生するのですが、血液中の赤血球の濃度が低下する貧血になると、酸素や栄養素を運ぶはたらきに支障が出るため、細胞のエネルギーの産生にも影響します。




自律神経を乱さないような生活と体を冷やさないようにする、エネルギーの産生につながるようにバランスの取れた食事をとるそして、ストレスを溜めないようにすることが大切です。








この記事へのコメント