冷え性からくる凍るような手足に、女性のための布団「ママウォーム」をご紹介  

凍るような手足の冷え、嫌ですよね。



syokkan_kachikachi.png





そう思いません。うんうん、僕もそう思います。



そんなあなたに、今回は冷え性対策として、自分で熱を作るのが弱いという女性のための布団「ママウォーム」 
をご紹介します。



夜に、冷えてしまったので、暖めても、暖めても寝付けないなんてことありませんか。


冷え性だから、カイロをつけて暖めてみたり、半身浴や、電気毛布、靴下の重ね履き、羽毛布団を試してみたりと

それでも解決しなかった。いや全然効果がなかった。


という方にオススメなのが、温活布団「ママウォーム」なんです。


その何がオススメなのがというと・・・



温活布団「ママウォーム」には



まず、冷え性体質でも温かく、次に汗をかいてもムレない素材なので、寝るだけで冷え性対策ができちゃうということ。



凄いのが、体の内側から温めてくれるのでポカポカなんです。


ほかの羽毛布団と同じ何でしょうって思いました。 



実は違うんです。




ほかの羽毛布団と違うところ




この温活布団「ママウォーム」は、全日本スキー連盟公式ユニフォームを採用しているので、 
普段、お使いの羽毛布団よりも軽く、そして温かいんです。



羽毛布団の中に入っている中綿、この中綿というのがポリエステル綿の20倍の表面積、 
があって、繊維も複雑なんですが、その複雑な繊維の中に、大量の空気を閉じ込めて断熱します。



そうすることで外気を防いで、お布団の中が暖められるというわけです。


さきほど上記でも書いたのですが、暖かいことで汗がこもることがないのは吸汗、速乾するからです。


遠赤外線に優れ、断熱性により暖かいだけじゃなく、汗を吸い、すぐに乾くので、ムレにくいんです。


汗だけじゃないんです。抗菌、防臭、防ダニ加工が施されているので、清潔に保つことができます。


保湿に優れた合い掛布団と、快適に使える肌掛け布団により、肌に優しいから汗っかきの方に最適なんですよ。




ここがポイント


運動や食事だけでなく手軽に冷え性対策ができるということ。


売られている羽毛布団よりも暖かく、電気布団よりも体に優しいので、安全に冷え性対策ができる。


絶妙なフィット感がある。


夜寝るときに布団をくるくる体に巻いて寝ていませんか。そんな心配いりません。


首周りや布団がめくれて、冷たい空気が入ることはないので、快適に睡眠できます。



春、夏、秋、冬とオールシーズン使用できるので、春と夏は、肌掛け1枚で、秋は、合い掛け1枚、冬も合い掛けと肌掛けで 
温度調節ができるので一年中快適です。




愛用している方に取材した動画もあるので参考までに






「ママウォーム」を愛用しているママモデルこままりえさま32歳







「ママウォーム」を愛用しているZUMBAインストラクター堀切由美子







「ママウォーム」を愛用している主婦武藤理恵さま29歳







「ママウォーム」を愛用している主婦渡邊安美さま30歳







「ママウォーム」を愛用している会社員野口光さま39歳



自宅で洗濯するのも面倒ではなく、楽なんです。



温活布団「ママウォーム」には3種類の中綿が入っているので、自宅でも洗うことができます。


洗濯機で洗うだけじゃなくお風呂場で踏み洗いができちゃうし節約もできる。


これだけやっても、素材が丈夫なので性能は変わりません。


これ購入したんだけど気に入らない場合は、返金対応してくれるので安心です。


なので、90日間はお試しということで使用してもいいのではないでしょうか。


また、口コミや評判もいいですし、あのタンタン整骨院 院長の小林敬和先生や元野球選手の山本昌選手もオススメしています。

























































この記事へのコメント