手足が冷え症になったときの対策の仕方

現在、手足が冷えていて、冷え症になってしまったときにどんな対策をすればいいのかわからないという方、改善したいという方に、
今回は、手足が冷えていて、冷え症になってしまったときの対策の仕方についてご紹介します。




はてなマーク・クエスチョンマーク.png





改善するには、からだを温める食べ物を摂ったり、適度な運動をすること、これが重要になります。



血液の流れを促進する効果などが期待できる「ビタミンE」を摂取するのも効果があります。



手足の冷えの裏には病気が潜んでいることもあるので、なかなか冷えが取れない場合は、受診するようにして下さい。




・手足だけではなく、全身がむくんでいる。 
・はっきりした原因が特定できないが、冷えがひどい、極端に冷えていると感じる。 
・夏場に空調が効いている、効いていないにかかわらず冷えがひどく、全身の重だるさが回復しない。 
・氷や冷たい水などに触れると、冷えが治らず、血の気がなくなってくる。




これらの症状がみられる場合は、ほかの病気になっている可能性があります。








実は冷え症はある病気と関係があるそうです。






自身でケアする場合



自分でケアする場合は、肩・首すじのこり、手足の冷え・しびれ、しみ・そばかすに効果のある分包顆粒剤・ビトン-ハイ リッチやしみ・そばかす、手足の冷えに効く新エバユースECなどで対策しましょう。







ビタミンを摂るとどうなるのかというと、赤血球が柔軟に変形するのを助け、細い血管の中を通りやすくして、血液の流れをよくして、血小板が血管の壁にはりついたり凝集したりすると、血行が悪くなるんですね。





でも、ビタミンEにはそれを抑え、血管内で血が固まってしまうのを防ぐ効果(抗血栓効果)があって、LDL(悪玉)コレステロールの酸化を防止し、血管の機能を維持することができます。


この記事へのコメント