首の後ろを温めると手足が温まるやり方、後頸部温罨法とは

首の後ろを温めると手足が温まるのはなぜ? 



saya0I9A4189072170014_TP_V.jpg



看護技術のひとつに、お湯につけて絞ったタオルを首の後ろに当てて温めるやり方があり、これを「後頸部温罨法(こうけいぶおんあんぽう)」といいます。




タオルを当てている首の部分が温かくなりますし、、それに加えて、手足など体の末梢部分もポッと温かくなることが研究で明らかになっています。



特に冷え性は女性に多いのは有名ですね。


手足の指先などが冷たくなってしまったときは、このやり方でも効果があります。




首の後ろを温めると手足が温まる理由




首の後ろを温めると、遠く離れた手足が温かくなるには、完全に明かされていませんが、交感神経・副交感神経などの自律神経が刺激されて温かくなっているのではないかといわれています。



入院患者や病気の人は、体内の循環が悪くなりがちで、手足が冷えることがあります。








自宅でもできる温罨法療法




健康な人の場合は、お風呂に入って温めればいいけれど、病気によっては入浴できない場合もあるため、この看護技術を活用しています。



このやり方は誰でも使っていいというわけではなく、温めるといっても、首に当てるタオルの大きさはどれぐらいがよいのか、またその温度や温める時間はどう考えればよいのか、それによって効果が変わることがあるからです。




高血圧や血流障がいを抱えている人だと、悪影響を与える可能性があります。





 










この記事へのコメント