冷えに効果のあるむくみにくい脚を手に入れるやり方

脚のむくみというのは、冷えによって血流が悪くなることで起こります。 



datsumou1162_TP_V.jpg



めぐりの悪い体は疲れもたまりやすいです。



そこで、温浴法や食事、生活習慣など、手軽に出来る冷え対策があります。



このやり方は、冷え感じないようすっきりとした美脚を手に入れるための方法です。





美脚を手に入れるための方法




体を冷やさないようにするために、極力冷たいものを摂らないこと。




東洋医学では、カラダを温める食べ物(温性)と冷やす食べ物(陰性)があります。 



ただ、陽性の食べ物だけを食べていると、栄養バランスが悪いので、陰性の食べ物を摂る際は、陽性のものも合わせて食べるようにして下さい。


YAT201262066_TP_V.jpg 



ケーキや和菓子などに使われている白砂糖は、体を冷やしてしまうので、甘いものの食べすぎには注意が必要。




カラダを温める食べ物(温性) 
ニンジン、ニラ、ネギ、ニンニク、タマネギ、ショウガ、唐辛子、リンゴ、ウメ、ゴマ、牛肉、鶏肉、イワシ、サンマ、サケ、エビ、コショウ、ワサビ、黒砂糖、味噌、チーズ 




冷やす食べ物(陰性) 
トマト、キュウリ、ナス、ダイコン、ハクサイ、ナシ、バナナ、いちご、枝豆、豆腐、鴨肉、カニ、アワビ、のり、ヒジキ、白砂糖、はちみつ、牛乳、緑茶、ビール



寝る前には湯船にゆったり浸かるようにします。


まず、腰くらいまでお湯をはって20~30分ほど浸かることで、カラダに負担がかからないし、長めに入浴できるので芯からあたたまります


肩にはタオルをかけて下さい。


湯船に浸かっている時に、手足を開いたり閉じたりと、20回ほど繰り返すと、血行促進に効果があります。 




睡眠がとれていないと、自律神経の働きに影響を及ぼします。


睡眠不足だとカラダの温度調整などもうまくいかないので、冷えの原因に。規則正しい生活をキープしましょう。




血流の良いカラダをつくることも大切。



161007-180_TP_V.jpg



血流は、ポンプの役目をする心臓だけでなく、筋肉のチカラによっても押し流され、全身のめぐりが良くなります。



脚の筋肉量を集中的にアップさせることで、むくみにくい脚を目指します。



電車やデスクなどに座った時に脚を組んで、下になった脚と上になった脚の両方で押し合いします。


ちょっとした時間を活用することで、脚全体の筋トレになるので手軽にできます。




この記事へのコメント