不妊の方、冷え性、生理不順、生理痛に悩む方に、冷えを改善するお灸をご紹介

不妊の方で冷えからくる足のむくみ、冷え性、生理不順、生理痛をなんとかしたい。

dmFTHG7699_TP_V.jpg



むくみが原因で、足がパンパン。冷え性、生理不順、生理痛もあるから、自分でもできて、マッサージや運動以外になにかないのと思いますよね。




実は、マッサージや運動以外にもむくみや冷え性、生理不順、生理痛に効果のあるものがあるんです。



それがお灸なんです。



というのも、お灸を用いて冷えを改善させることで、生理不順の改善や、生理痛が和らいだり、赤ちゃんができたり、そして、足のむくみが解消されたりするといった効果があるからです。





自分でお灸を行うには




「せんねん灸」といって、下に台座がついているものがあります。



初めて試す場合でも使いやすく、「せんねん灸」以外にも、煙が出ないタイプもあるので、タバコの匂いが嫌いという方はこちらのほうを 
使用して下さい。 









鍼灸師が解説する「せんねん灸」








まずはお灸を用意して、8箇所にお灸をすえます。


冷えに効くツボというのが太衝、三陰交、足三里、血海。










・太衝 
足の甲にあるツボ。親指と人差し指の骨が接合するところにあります。 

押さえるとズンと響く場所で、このツボは冷え性のほかにも、ストレス対策にも効果があります。








・三陰交 
うちくるぶしの一番高いところから指4本分上の骨の後ろにあり、押さえるとズンと響きます。 


冷え性の人は押さえるとかなり痛いです。婦人科系に効くツボなので、生理痛対策にも最適です。







・足三里 
ひざ下の外側を指でたどって行くとくぼんでいるところがあります。 

親指と人差し指でひざのお皿を包むように触った時、中指の先端が当たるところが足三里のツボです。


このツボは、冷えや、肩こりや胃の疲れにも効きます。










・血海 
膝のお皿から指3本分上の内ももに血海のツボがあり、押すとにぶい痛みがあります。


血海も冷えや生理痛や月経不順に効果があります。 


両足8個のツボにお灸を置くと、足がポカポカしてきます。



プロにやってもらうと、即効性がありますが、自分でやると即効性はなく、期待外れになることも。


でも継続して行うことが重要になります。







妊活のお灸のツボとやり方・血海




足がむくむ、赤ちゃん待ち、冷え性、生理不順、生理痛がひどい方は、ぜひ試してください。



















この記事へのコメント