冷え性対策に、効果的なレッグウォーマーの選び方

普段、当たり前のように 使用されているレッグウォーマー。今回は、効果的なレッグウォーマーの選び方をご紹介します。





KMKC428B287_TP_V.jpg



足元からやってくる寒さは、足を温めることで全身が温まります。




レッグウォーマーを用いて全身を温めるには、レッグウォーマーの選び方が重要になります。





全身を温める方法



首には、手首、首、足首の3つがあります。



首の内、足には全身が温まるツボがあるので、足を温めると全身が温まる仕組みです。


レッグウォーマーを使用することで、冷えにより睡眠不足も解消されますし、リラックス効果も得られるというわけです。



レッグウォーマーには家庭用で使うタイプのデザインのものや、履きながら外出ができるものまであります。




レッグウォーマーの選び方




レッグウォーマーには、おうちで履くタイプと外にも履けるタイプなどがあります。



足首ウォーマーというものがあって、足首のツボ「三陰交」を温熱刺激してくれたり、特殊保温・発熱素材を使用しているのでポカポカするので温かさを持続することができます。




ほかにも、シルク100%の柔らかく保温性に優れた素材を使用したものや、表側は遠赤糸を使った2重構造で冷えた部分を効果的に温めることができます。



4つのツボを温めて、身体全体をポカポカにしてくれるものも。「足湯」に浸かっているような温かさで、外側は遠赤外線糸で内側はシルクを使った二重構造、ふんわりと空気を含ませる編み方なので、熱を逃がしません。




レッグウォーマーを使用したほうがいい理由



基本は、首や手首、足首のまわりは冷やさない方がいいです。



というのも、首”まわりは、いずれも薄い皮膚の下に大きな動脈が通っています。



”首”の冷えから動脈が冷えると、冷やされた血液が体をめぐって身体全体を冷やしてしまい、首にマフラーを巻けば体感温度が3〜4℃上がるといわれています。



足を締め付けすぎるものを選ぶと血行が悪くなるし、ゆる過ぎるものを選ぶとずり落ちてしまいます。



素材は、シルク(絹)やコットン(綿)のものだと、吸湿性や通気性、保温性にも優れてるので、温かく蒸れにくく、季節関係なく快適に過ごせるので、おすすめです。






【送料無料】ランキング1位獲得!レビュー8000件超!健康足首ウォーマー【レッグウォーマー 足首 ウォーマー 冷え 冷え取り 冷えとり シルク 足首丈 日本製】






中でも、楽天でも人気の 健康足首ウォーマーというものがあります。 



こんな方に


・末端冷え性であり、現在妊娠中、モコモコ靴下やら冷えない靴下など色々試したが、冷え性のくせに足に汗をかいてしまう。 
・つけたまま外出しても悪目立ちしないのがいいので、夜寝る時でも効果のあるものを  
・値段も高いけどまあまあお手頃で、冬の寒さでは無いですが、肌寒いなと感じる時に着けると末端の冷えが気にならないもの。  
・夜寝る時に着けて寝ても汗かかない、着けてて下にずれて足首に溜まったりしないのに、キツく無い。跡付かない。 



締め付けがないので、リラックスして眠れます。でも、足湯というほど発熱してる感じはないけれど、とにかく冷えないので、とても快適です。


通勤時でも使えてポカポカで温かいですよ。













この記事へのコメント