冷えによる肩こりを解消するためのやり方

冷えによる肩こり、つらいですよね? 



肩こりの男性のイラスト.png



冬場や夏場、体が冷えるなんて方はいます。 


その体調不良の原因は、自律神経なんですよ。




自律神経は、血行や代謝、体温調節など体のさまざまな働きをコントロールしているのですが、コントロールできずに、乱れてしまうと、血行が悪くなり、冷えや肩こり、むくみなどの不調が起こります。  



冷えによる肩こりやむくみを解消するには自律神経を整えることが重要になります。 



自律神経というのは、血管の周りに巻き付いているのですが、ストレスなどで交感神経が働きすぎてしまうと、血管が収縮し、血行が悪くなります。



リラックスして副交感神経が活発になれば、血管が拡張して血行が良くなるというわけです。




冷えによる“肩こりを解消する方法



副交感神経の働きを良くすることで、血行を改善するやり方で、毎日1回1分間のゆっくり呼吸を習慣にして、乱れてしまった自律神経を整え、血行を改善していくというものです。



①4秒かけて鼻から吸います。  
②8秒かけて口から吐きます。 
①と②を1分間、繰り返します。


3秒吸って、6秒吐き、2秒吸って、4秒吐くといったたり方でもかまいません。







この記事へのコメント