身体が冷えてしまうのは自律神経の乱れが原因

冷え性になると、なかなか身体が温まりません。
 


寒がっている女性のイラスト.png



どうして身体が温まらないのでしょうか。



身体が温まらないのは、自律神経のバランスが乱れたことが原因です。



なので、常に日頃から身体を冷やないようにして、出来るだけ温めるようにすることが重要になります。



自律神経のバランスを整えることも大切です。



疲労や睡眠不足、ストレスにより、自律神経系が乱れることで、体温調節機能が正常に働かず、手足の血流量が必要以上に抑制されてしまいます。



自律神経というのは



体内には無数の神経があり、その中で、内臓の働きなどを調整してくれるのが「自律神経」なんですね。


内臓の働きや代謝、体温などの機能をコントロールするために、身体の中で24時間働き続けています。

昼間に活動して、活発になるのが「交感神経」、夜間やリラックスしているときに活発するのが「副交感神経」です。


自律神経が乱れることで


心と体を活発にするのが「交感神経」心と体を休ませるのが「副交感神経」なんですが、この2つのバランスが崩れることで、 
自立神経が乱れてしまいます。


人間関係での悩み、仕事でのプレッシャーからの精神的なストレス、過労による肉体疲労、不規則な生活も自律神経が乱れる原因になってします。

「自律神経失調症」という病気をご存知ですか?


「自律神経失調症」という病気は、自律神経の乱れから、不安や緊張感が高まり、吐き気や多汗、全身のだるさ、頭痛、肩こり、手足のしびれ、動悸、不整脈、めまい、不眠などの症状が見られるのが特徴です。









自律神経が乱れ、バランスが崩れると、臓器に悪影響も。



胃酸が過剰に分泌され、胃の痛みや胸やけの原因になる「神経性胃炎」、腸のぜん動運動に異常が生じて腹痛を伴う下痢や便秘が起こる「過敏性腸症候群」になります。

突然浅く速い呼吸を繰り返す「過呼吸症候群」というのになると、息苦しさのほかに、めまいや手足がしびれたりといった症状が現れます。




自律神経のバランスを整えるには 




全身の血行を良くするように、生活習慣の改善とストレス、健康を見直す。



体を内側から温めること。


体を内側から温めるには、入浴の仕方にあります。



入浴を行うと、血流を改善して、体を温めることができるので効果がありますよ。


でも、間違えた入り方だと冷え性を悪化させてしまうことがあります。



また、お湯に長く入ると冷える原因にもなります。



そこで効果的なのがぬるま湯に短時間つかるやり方です。



お湯の温度は39~40度で、15分以内に入浴します。



最初は首までゆっくりつかり、徐々に半身浴に切り替え、15分でも長いと感じれば、3分程度の短い入浴でもかまいません。













この記事へのコメント