冷えが原因で腹痛になる理由

お腹が痛いのは、冷えが原因かもしれません。



お腹が痛くてお腹を抑えている男性のイラスト.png



というのも、急に体が冷えることで、体の機能も停滞、血液は各細胞、臓器の栄養源としており、血液の巡りが悪いと体の機能も停滞します。



胃腸も動きが弱くなり、食事を消化できずに未消化で腸へ送り出してしまい、腹痛の原因に、慢性的な冷えがあると下痢や便秘といった症状を併発する人が実際にいます。





体が冷えることで



体が冷えると腹痛や、下痢になることがあります。


便秘やガス溜まりが起こることも。


冷えていて便秘気味で、お腹にガスが溜まって苦しいことがあったら、腸の蠕動運動が停滞していると考えられるので、ガスが溜まっていると、おならが増えることもあります。



吐き気を伴うときは、胃腸の不調だけでなく、ウイルス性胃腸炎の可能性があるそうです。



妊娠中の方は、思うように運動ができなくなったり、妊娠によるストレスと自律神経のバランスの乱れなどで、多くの人が冷えを感じることがあります。



生理中は基礎体温も下がり、体温が下がれば血の巡りも悪くなり、痛みを感じやすくなるので、体を温めて血流を良くすることが大切です。



腹痛を改善するには腹部と腰回りを温める



痛い部分を中心に、腹部と腰回りを温め、カイロを使って温めるのと良いです。


でも、貼るタイプではなく動かせるタイプのものを使って、時々温める場所を変えてください。



一部だけに熱を加えて低温火傷にならないように気をつけて下さい。


 





激しい腹痛の際は安静にしておくのがいいですが、動けるなら、ウォーキングやラジオ体操、体をひねるようなストレッチなど、体全体を動かすと効果があります。


血行を良くするために適度な運動 、温かいものを食べたり、飲んだりして体を動かして下さい。



根菜や豆類、飲み物は温かいハーブティーやルイボスティーなど、ノンカフェインの入った物を摂るようにしましょう。
















この記事へのコメント