冷え性の病名は

食生活の変化や運動不足、ストレスなどで「いつも体が冷えているような気がする」、「足先が冷たく、夏でも靴下を履かないと眠れない」「手がジンジンと冷えているような気がする」と冷えを感じることがあるのではないでしょうか。 



neonbrand-7ttdoSqHlrI-unsplash.jpg



冷え症の病名というのは、西洋医学では病気の1つとして扱われていませんが、言い換えると血行不良です。 



原因は、自律神経や心臓、筋肉などの働きが関係していると考えられます。



冷え性になると



・血の巡りが悪い 
・内臓の冷え 
・自律神経のバランスの乱れ 
・体温は35℃台 
・体内の水分量が多い 
・手足の血行が悪い





血の巡りが悪くなると、血液がうっ滞して手のひらが赤っぽくなったり、顔に毛細血管が浮き出たり、ツメが白っぽくなったりします。




内臓の冷えによりへその辺りで測った体の深部温度(内臓の温度)が普通の人に比べて2~3℃低くなります。



自律神経のバランスが乱れることが多く、過緊張ぎみや停滞ぎみでもバランスを崩します。



人間の体温というと平均36.5℃。女性の場合は、生理の周期によって低温期で36℃前半になりますが、冷え症の人は低温期で体温が35℃台です。



体内の水分量が平均より多く、舌が分厚くぼってりとしていたり、舌の両脇に歯形がつく人などがあると水分量が多いということです。



足や手の先の体温が低いと冷え症の人の足先は、脇の下で測る体温より10℃以上も低い。ひどい人だと、足先の温度が10℃台の人も。




不安や緊張や激しい労働などによる過度のストレスはさまざまな健康障害を引き起こし「自律神経」のバランスが乱れ、血流障害の原因になります。




construction-646918_640.jpg




血の巡りが悪くなると、細胞に新鮮な酸素や栄養素が充分に運搬されないので、代謝が低下し、冷えを引き起こす原因になります。






イライラしたり頭痛が続くと



イライラしたり頭痛が続く場合は、自律神経失調症の可能性があります。


自律神経失調症は、精神的なストレスや気温変化等の外的刺激が長時間続くと、全ての器官を調整している自律神経がそれらを排除しようとして、体を守ろうと防御反応を起こして、自律神経自体のバランスを崩し全身の機能に支障をきたす病気のこと。







自律神経失調症の症状



・風邪 
適切な体温調節ができないため体が弱り、風邪などをひきやすくなってしまう。 
体が冷えると腹部も冷えて、腹痛や下痢を起こしやすくなる。

・集中力の低下 
体が冷えると、集中力が低下してしまいます。

・疲労 
毛細血管が収縮しているので、酸素を体中に供給する機能が低下してしまい、 
疲労がたまりやすくなります。 

・不眠 
体の冷えが気になってしまうので眠れなくなってしまい、眠れたとしても、非常に浅い眠りになります。






冷え性の症状というと、血管収縮により、慢性的に細胞の栄養不足や酸素低下状態になるため、頭痛や肩こり、疲れ易い、体力がない、肌荒れ、血色不良、腹痛、便秘・蹴り、生理不順、足のむくみなどの症状が起こります。



体温が一度下がるだけで免疫力が30%以上も低下するのが特徴です。

























この記事へのコメント