夏の暑い日に身体が冷えてしまう夏冷えとは!?

暑い日に、なぜか身体が冷えてしまっている場合、夏冷えかもしれません。



sean-o-KMn4VEeEPR8-unsplash.jpg




ちょっと寒いかなといった感じだと、症状が長引くことがあります、



なぜ、夏冷えが起きてしまうのか、それには原因があります。




夏冷えが起こる原因




夏は身体の内と外から冷やしてしまいがちで、冷たい食べ物や飲み物を摂り過ぎてしまうと、身体を内側から冷やしてしまいます。



体が胃に入れたものを体温に近い温度まで温めようとするので、内臓に負担がかかって消化機能の低下に繋がることがあります。



内臓は、その働きを支配する自律神経と互いに影響を与えるので、内臓の不調が自律神経の乱れを起こして体温調節がうまくできなくなることがあります。







外側から冷やしてしまうのは





自分の部屋では、自分だけが快適な温度や湿度を保つのは難しいです。



時には冷やしすぎてしまいがち。室内温度と外気温の差が激しくなると、自律神経の乱れから体温調整機能が低下して、冷えや肩こり、胃腸の不調、疲れなどの体調不良を引き起こします。


暑いからと部屋にこもりがちになると、運動不足になるのでよくありません。




norbert-levajsics-oTJ92KUXHls-unsplash.jpg




筋肉を使わないと、血流が滞って冷えに繋がり、自律神経の乱れが長引いて食欲が低下し、身体のだるさも強まってくると、運動意欲が湧かなくなります。


適度に動かし、血流促進とリラックスしやすい身体を作りましょう。



睡眠のリズムやホルモンの分泌が乱れてしまい、肩こり、頭痛、手足など末端の冷え感が生じてしまう。


そのほか、女性の場合は月経痛がつらくなることがあります。



ここで、夏冷えの効果的な対策をご紹介します。




効果的な対策



全身を動かす体操で血流を改善します。



有酸素運動が効果的で、早足でのウォーキングや、自律神経を整えるために、お湯に浸かること。



arek-adeoye-ljoCgjs63SM-unsplash.jpg




みぞおちまでの半身浴でもいいので、お湯の温度をリラックスできる38〜40℃にして浸かるようにして下さい。


ふくらはぎの筋肉にはポンプの役割があるので、その働きが低下すると末端の血液を心臓へ戻すことが困難になります。


足先の冷えにも繋がるので、マッサージをしたり、筋肉を使って刺激を入れたりすると効果があります、



食事は、夏の冷えによる疲労回復に役立つビタミンB1も意識し、豚肉やレバー、胚芽米などを食べるようにします。



ニンニクや玉ねぎに含まれるアリシンはビタミンB1の働きを助けるので、一緒に調理するといいですよ。





エアコンの使い方で



エアコンも使い方次第で、“夏冷え”を引き起こしてしまうことがあります。



温度設定。室内と外気の温度差が大きいと、体温調整機能を酷使するので、内外の温度差は5℃以内に、日中、室内で過ごす場合、設定は25〜28℃が目安。蒸し暑く不快に感じないように、ドライ機能を使って湿度を50〜60%にして止めます。



ava-sol-Cvsx7gP83cA-unsplash.jpg



湿度が低くてそれほど暑さを感じないときは、扇風機で空気を循環させて下さい。


「扇風機だけでなくエアコンからの風も同じで、一定部位に当て続けると身体が冷えてしまうので注意。


エアコンの下、または壁側(エアコンの対面)に扇風機をセットして、水平もしくはやや床面向きで置くようにします。



置く位置は身体に直接風が当たらないようにするのがポイント。



寝時にエアコンを上手に使うと、快適に眠ることができます。




就寝前まではエアコンで室温を下げておくと、寝やすく、就寝中に室内の温度や湿度が高いと、汗がじっとり残って身体の熱を放散できなくなります。



寝苦しさを感じたり、熱中症のリスクが高まったりするので、眠る際は室温が下がりすぎないように、ドライ機能を使うといいですよ。ちょうど良い設定温度というのは人によって異なるので、設定温度を28℃から試して暑ければ1℃下げてみる、といった調整が好ましいです。






























この記事へのコメント