産後に骨盤が冷えてしまう症状の正体

産後にどうして骨盤が冷えてしまうことはありませんか?



babyFTHG7599_TP_V.jpg



産後は、骨盤の歪みやホルモンバランスの乱れに端を発してカラダが冷えるようになることがあるので、子供を産んだ後に冷え性になることが多くなります。




その原因と解決策についてご紹介します。



なぜ、産後、骨盤が冷えてしまうのでしょうか?




産後に冷えてしまうのは



冷え性により、体調不良が起こることがあります。



カラダが冷えることで、血流やリンパ液の流れが悪くなり、老廃物を排出することができなくなります。


症状として現れるのは、肩こり、頭痛、腰痛。



手や足先が冷たくなって、眠りにくくなってしまったことはあると思います。



人が眠りにつくには脳の温度を下げる必要があって、そのためにカラダから熱を放出して体内の深部体温を下げるようになっているのですが、手足が冷たいと手や足の血管から熱が放出されにくく、脳の温度も下がらずになかなか寝付けなくなってしまいます。




冷え性は母乳の分泌量にも影響を及ぼすことがあります。



体が冷えて血行不良になると、血液を材料として作られる母乳の出が悪くなってしまう可能性があります。


血行不良とともに代謝も低下し、代謝が悪くなると食べたものがエネルギーとして消費されず、脂肪となって体の中に蓄えられてしまうことも。冷えることで血行が悪くなれば老廃物がスムーズに排出されないので、太ももやふくらはぎなどの下半身がむくみやすくなります。



産後で骨盤が冷える理由と対策




妊娠中は骨盤をゆるくするホルモンが分泌されて、出産時には大きく骨盤が開きます。


産後は開いた骨盤がもとの状態に戻ろうとして、骨盤ケアを怠ると骨盤が歪んだままになってしまうことがあります。


この骨盤の歪みは胃腸などの内臓の働きを低下させ、血液の流れも滞らせることがあります。


産後は、必要に応じて骨盤矯正の施術を受け、骨盤を本来あるべき姿と位置に戻すことが大切です。


骨盤の歪みを矯正することで内臓器官が正常に働き出すことがあります。



体を温めたり、良質な睡眠、栄養のある食生活、適度な運動、マッサージ、ストレッチをするなどで対策しましょう。































この記事へのコメント