夏に体が冷えてしまう冷え性の対策方法

夏に身体が冷えてしまうのは、どのようにして起こるのか、何が原因なのかを把握できていれば対策ができます。



takebesan0I9A0415_TP_V.jpg




冷え性は寒い時期になるものだと思いますが、夏でも冷えの症状は多く、特に、手足や身体が冷えるといった自覚症状があるが冷え性?と思ったり、不調とさまざまです。 




特に夏が冷えてしまう原因というのが




身体が冷えることで手足が冷たくなってしまうのは有名ですね。



冷え性により起こる症状 



・慢性的に疲れやすく、やる気がでない 
・肩こりや腰痛がある 
・頭痛や生理痛がある 
・シミや吹き出物ができやすい 
・手足は冷たいのに顔が熱くなる 
・足がむくむ 
・体重が増えた 
・理由もなくイライラすることがある 
・トイレに行く回数が増えた



など、冷えに関係ないような不調でも、身体が冷えてしまったことで起きてしまっているんですよ。



身体が対応できる温度 



暑さが厳しく屋外から、エアコンが良く効いた室内に入ることで、涼しさを感じ、汗がひきます。 



この急激に変化する温度差が危険で、これにより身体に負担をかけてしまっているんですよ。



身体が対応できる温度差というのが「7℃ぐらいまで」といわれているんですが、それ以上の気温差がある場所を出たり、入ったりすると体温を調節する自律神経がうまく働かなくなります。


そうなると「冷房病」となり、自律神経が乱れ、手足の冷えや、頭痛や生理痛、むくみや不眠などの症状の原因に。



手足は冷たいのに顔や頭が熱くなってしまう「冷えのぼせ」や、イライラしてしまったり不調が起きてしまいます。




部屋できる対策の仕方



空調の効いた部屋だと、「寒いな」と感じる前にカーディガンなどを一枚羽織ったり、スカーフやストールを巻くなどして首に直接冷風があたらないようする。



薄手の腹巻きでもかまいません。素材は天然素材のシルク100%を用意します。



シルクは吸湿性・保温性にすぐれています。



なので、湿気を吐き出す力もあり、汗で蒸れることもありません。


















この記事へのコメント