慢性的な末端冷え性を改善する方法

末端冷え性というのはどのようなものなのかというと、ブルブル震えてしまうほどの低温度でもないけれど、手足の指先などの体温が下がり、冷えを感じてしまう症状のことをいいます。



人間はもともと体温が大きく変動する生き物ではないので、気温が変化しても、一定の体温に保とうとします。



dane-wetton-t1NEMSm1rgI-unsplash.jpg



常時、身体に流れる血液の量を変化させたり、汗をかいたりすることで、体温を保つよう調整されているからです。



末端冷え性を放っておくと、肩こり・腰痛、むくみ・抜け毛、だるさ・食欲不振・便秘、下痢といった症状が現れます。




末端冷え性に効果的なのは、血行を改善し、乱れた自律神経を整える必要があるのですが、栄養バランスの良い食事を摂るように心がけ、定期的な有酸素運動を行う。お腹や下半身を冷やさない服装をするのが効果的です。



慢性的な末端冷え性の場合にはこのようなやり方があります。





慢性的な末端冷え性に効果的な方法




ヨガの先生によると末端冷え性を改善するには、グーパーをすると効果があるらしく、手だけではなく、足も。



足でグーチョキパーをすると良いらしく、足のチョキは第一指を足の裏側に向け、他は足の甲側に向けるで、その反対も。



ふくらはぎを反対の足のかかとで踏むのをくるぶしから、膝下までやるといいですよ。 


血流が悪いので足はふくらはぎがきちんと動くことや、指をきちんと動かして血を元に戻すことが必要です。



血がその場に無くなると来るらしいです。あとは、お腹を冷やさないこと。






この記事へのコメント