冷え性を改善するための効果的なカイロの貼り方とツボの場所

寒くなると、どうしても持っておきたいのがカイロ。寒き時期は必ず貼っているのではないでしょうか。



カイロを活用することで女性の悩みでる冷え性を改善することができます。



ところで、カイロはどの場所に貼れば効果があるのかをご存じですか?


というのも、貼る場所によっては効果が違うんです。




352TSURUTAMA20211_TP_V.jpg




カイロには



カイロには鉄粉や水、活性炭、木粉、塩類が中に入っています。


成分は、さびる(酸化する)ことで熱を発生する鉄粉がメイン。


他の成分は酸化をサポートし、適切な温度や持続時間が得られるようになっています。




役割として


・鉄粉 さびることにより発熱する。
・水 鉄粉と反応して、さびる速度を速める。
・活性炭 酸素を吸着して濃度を高め、さびる速度を速める。
・木粉 保水剤となり、さびる速度を速める 
・塩類 触媒となって、鉄粉がさびる速度を速める。




貼るときに注意すること


・長時間同じ場所で使用しない
・1時間に1回程度、肌の状態を確認し、異常を感じたらすぐにはがすこと
・寝る時には、低温やけどの原因となるので使用を避ける
・ふとんの中や暖房器具と併用すると、高温になりすぎるため避ける


カイロは、身体を温める補助としての役割があるので、長時間の使用をすることは想定されていません。


なので、普段の生活で冷えを感じた時のみ使用して下さい。




効果的な貼り方




首には。太い血管があるため、温めることで、全身が効率よく温まります。


首を前に曲げた時に、首と背中の間に骨が飛び出しているところがあります。


「大椎(だいつい)」という全身を温めるツボです。




背中


肩から背中にかけて僧帽筋という大きな筋肉があります。


しかし、冷えると血流が悪くなり、筋肉が固くなってしまいます。


そんなときに、肩甲骨の間を温めましょう。



背骨に沿って2枚並べて貼ってもいいですし、この辺りにはいくつものツボがあるので手っ取り早いです。


お腹


全身が冷える時は、おへそより指2本分下にある「気海(きかい)」というツボを温めるのが効果的。
  

毎日温めると、常にコンディションが安定します。



腰やお尻



腰は、冷えによる不調を感じやすい場所で、おへその真裏には「命門(めいもん)」というツボがあります。



そこから指2本分外側には「腎兪(じんゆ)」というツボがあり、この辺りにカイロを貼ると、腰全体を温めることができます。






足を含め全身を温めるには、太い血管がある足首のくるぶし周辺を温めるといいです。



内くるぶしの後ろ、アキレス腱との間のくぼみには「太谿(たいけい)」という冷えに効果のあるツボです。
























この記事へのコメント