冷え性で汗っかきの男性の方に、効果的な対策方法

冷え性に、定義はないのですが、手足の末端や太ももが冷たいままの状態であることから、そう呼ばれています。



男性は女性よりも筋肉量が多く、発熱量も多いです。



なので、女性よりは冷え性の方が少ないです。



nosesan2082E_TP_V.jpg





また、理由のひとつに脂肪が少ないため冷えにくいということが挙げられます。



脂肪は熱のとおりが悪く、冷えたら冷えっぱなしになりやすいので、脂肪の多い女性の方には冷え性が多いです。






男性が冷え性になる原因






原因として、遺伝や、生活習慣の乱れ、胃腸虚弱、自律神経の乱れ、筋力の低下、脂肪の増加が大きく関係しています。



生活習慣の乱れは自律神経バランスを失調させてしまいます。


過度な緊張やストレスにより、抹消の血管は閉じてしまったり細くなったりします。



心臓や脳などの大切な臓器にたくさんの血を送るために抹消の血管は閉じるともいわれています。


胃腸虚弱で下痢が多く、食が細い場合は、栄養素をうまく吸収できず、結果、筋力の低下、エネルギーの低下につながり冷え性になってしまうことがあります。



脂肪の多い、タボの方だと、意外と冷え性になっている場合があります。








なぜ、汗をかくのかというと





汗は、汗腺から分泌される液体のこと。



私たち人間の皮膚には汗をかくための汗腺(かんせん)がまんべんなく広がっていて、体内に熱がこもってくると体温を下げようとして汗をかきます。



身体を正常に働かせるために、深部の温度を最適温度が37、2℃前後に保つようにしないといけません。



運動したり夏の暑さで体内に熱がこもりすぎたときに、どうにかして温度を下げる必要があるんですね。


汗が体の外へでて蒸発することで熱を外に逃がし、体温を正常に保つことができます。




体内の深部温度が一定温度を超えそうな時は、汗をかいて体温を下げようとしているのです。





冷え性で汗っかきの場合の対策





身体に冷えを感じている人や、頭や顔は暑くて汗をダラダラかくが、お腹や足先は冷えている。



暑さのために身体を冷やすことばかりだと冷え性が改善されていなので、汗かきも改善しない「冷えからくる汗かき」の方が多いということ、



身体を冷やそうとして、冷たい飲食や炭水化物に偏った食事は、代謝の悪い身体を作ってしまうので、ますます汗をかいてしまいます。




冷たい飲み物は身体への吸収が悪くすぐ汗になるので、常温以上の温かさで水分補給をして、肉、魚、卵などタンパク質をしっかり摂り、新鮮な野菜や果物などバランスよく摂るようにします。



香辛料やカフェインは一時的に汗をかきやすくなるので注意が必要です。



1日30分のウォーキングを続けて汗を流すようにすれば、汗の質がサラサラに変わり、体臭がしなくなり、少しの運動でも汗をかかなくなります。


お風呂の半身浴も汗腺を鍛えるトレーニングになり、お風呂でよく温まることで良い汗が流れ、ぐっすり眠ることができます。














































この記事へのコメント