冷え性からくる冷えをとるための靴下をご紹介

ちょっとひまつぶしにでも読んでみて下さい! 


さぁ、この冬の寒い時期に一番困っちゃうことって何だと思います。



そう冷え性からくる冷えにより冷え切ってしまった足なんですよ。 



30代や40代の女性に多い冷え性からくる冷えてしまった足をなんとかして温めたい。



そこで、創業 明治三十年 「西陣織」で有名な京都西陣の絹を取り扱う老舗に協力していただいて絹(シルク)の中でも、希少性の高い野蚕(やさん)から採れる絹(シルク)を使用した靴下をご紹介します。



特徴としては、家蚕シルクには存在しない「孔質」と呼ばれる無数の小孔があって、大量の空気を含む事が出来ます。









その為、家蚕シルクと比べ、丈夫で軽くて柔らかい。保温性と放湿性、防臭性に優れた特性があるので、お使いいただく際はまったく気になりません。


足首を締め付けず、足汗で冷やさない。そして抗菌性に優れ、長時間続く消臭効果があり身体にやさしい制電制と低摩擦性である。





さらには、汚れても洗濯しやすいのがポイントです。







  








この記事へのコメント