看護技術に使用される冷え性に有効な後頸部温罨法の効果

sayapon20160312402117_TP_V.jpg



看護技術で、お湯につけて絞ったタオルを首の後ろに当てて温める「後頸部温罨法(こうけいぶおんあんぽう)」というやり方があります。



これを行うことで、タオルを当てている首の部分は温かくなり、手足など体の末梢部分も温かくなるということが研究結果で明らかになっています。



女性の方で冷え性であれば、特に、手足の指先などが冷たくなってしまったときに和らげることが可能です。




「後頸部温罨法(こうけいぶおんあんぽう)」の効果




首の後ろを温めると、遠く離れた手足が温かくなるのは、完全には発表されていませんが、交感神経・副交感神経などの自律神経が刺激されて温かくなっているのではということ。



病気になっている入院患者であれば有効なのでは?




体内の循環が悪くなりがちなので、手足が冷えることがあり、健康な人ならお風呂に入って温めればいいが、病気によっては入浴できない場合もあります。




なので、この看護技術を活用することができるというわけです。



誰にでも使える技術ではない




後頸部温罨法は、現時点では、誰にでも使っていいわけではないそうです。



というのも、温めるといっても、首に当てるタオルの大きさはどれぐらいがちょうどいいとか、その温度や温める時間はどう考えればよいのか、それによって効果が変わることがあるからです。



例えば、高血圧や血流障がいを抱えている人だと、悪影響を与える可能性もあるということ。



技術として認められるにあたり、科学的証拠が要るので現在も検証が行われています。









この記事へのコメント