冷え性に青汁を飲むと効果が 手軽に野菜不足を補える「極青汁」をご紹介

冷え性による身体の冷えは、主に、体質や性格。自律神経が挙げられます。



身体の他の部分は温かいが、手や足の先などが一向に暖まらず冷えているような感じが続きます。



冷え性になると、手足が冷たくなることだけでなく、頭痛や肩こり、集中力の低下。生理不順などのトラブルも。


毛細血管へ血が流れなくなっている血行不良とそれにより引き起こす原因は、運動不足による筋力の低下です。



冷え性を改善するために役に立つのが青汁なんです。




毎日の習慣として青汁を飲むことで、血液をさらさらにする効果のある野菜を摂れるので血流が改善さえるというわけです。




手軽に摂れるため運動不足でも



を改善するやり方として、食事や運動などの方法があります。



しかし、これを毎日やろうと思うと大変じゃないですか。現代人は野菜不足だと言われていて、時間がなく野菜が摂れず不規則な生活になりがちなんですね。











そこで、簡単に野菜不足を補えるのがこの「極の青汁」。熊本県の阿蘇「大麦若葉」と鹿児島県屋久島「明日葉」の栄養に加え宇治煎茶により香り、口当たり、後味もスッキリです。 



仕事で忙しいあなたでも、手軽に栄養もあって飲みやすい。主に40代、50代、60代の男性と女性の方は食事のバランスが気になると試したところ美味しいとの声も。牛乳に入れたりして青汁を飲んでいると評判です。
  






この記事へのコメント