肩の冷えの原因はストレスや運動不足!? 効果的なやり方

klara-kulikova-ooHoj0n6Tw0-unsplash.jpg


肩が冷えるのにはさまざまな原因があります。



ご存じかと思いますが、その原因に、ストレスや運動不足によるものなんです。



そのストレスがあることで、筋肉は緊張して硬くなり、筋肉内にある血管が圧迫されてしまうため、血行が悪い状態となります。



血行が悪い場所というのは、疲労物質や痛み物質がたまっていることがわかるので、疲労感など、痛みを生じることも。



これが、肩こりの原因で運動不足も筋肉を硬くし、リモートワークにて仕事をしたりと、同じ姿勢を長期間続けることで、さらに筋肉は固くします。



それが同じ姿勢を長時間した場合、その分ストレッチや体操などの運動をしないといけなくなるからです。



冷えを取る方法は患部を温めること



冷えているときは、まず、冷えている部位を温めること。そうすることで、血行が改善され、疲労物質や痛み物質が流れ肩こりが良くなります。


温めたからといって、首には筋肉がいくつもの層があります。

表面だけ温めても、深部までは温まらない可能性があります。


姿勢の固定や維持に働く筋肉は奥にあり、同じ姿勢で痛みや筋肉の張りがある場合、45℃以上の温度で温めるまたは、40℃以下で長時間温める必要があります。


また、運動を行うことで表面の筋肉や、深部の筋肉も動かすことができるので効果が期待できます。



ストレッチや体操などを定期的にすると冷えを予防することができます。


















この記事へのコメント