50代女性の内臓の冷えを予防したい方に、自宅でもできるケアの仕方

edward-cisneros-_H6wpor9mjs-unsplash.jpg



40代から50代の女性の方は、生活習慣が大きく乱れるとともに、年齢的に内臓機能も低下するので、内臓への負担が大きいんです。




年代ではストレス中心の冷えから内臓機能低下に伴う冷えが中心で、この時期の女性は更年期とも重なるので、子宮や卵巣機能の影響も大きく受けることになります。




年齢と共に内臓機能は低下してきます。特に40代以降は生活習慣病の割合が増えてくることもあり、内臓の影響を強く受けるようになります。




内臓の冷えは、同じ脊髄が支配している皮膚や筋肉にも影響 



胃の状態は背中を中心とした冷えであり、子宮や卵巣の状態は下半身の冷えへと影響があり、内臓機能低下は色々な部位へ行きます。



内臓機能は食事や生活習慣にも大きく影響し、刺激物を多く取ったり、暴飲暴食を行ったり、内臓が過剰に働くことになるので、内臓に負担がかかります。 



内臓はリラックスしたときなど副交感神経優位の時に働くことが多いので、睡眠不足やストレスは内臓機能を低下させます。




原因と対策



内臓が冷えるのは、食生活を中心とした食生活の乱れと、睡眠不足などの生活習慣の乱れの2つです。



中には身体を冷やしやすい作用が含まれているものが多く、トマトやキュウリ、ナスなどの瓜類は夏の野菜であり、身体を冷やす作用があります。 




ジャガイモや山芋、ニンニクなどの根菜類は身体を温める作用があるので、内臓を冷やさないために、冬に旬を迎える食べ物。土の中に埋まっていて、色の濃いもの。



身体を温める食べ物の特徴で、冷えを感じている人は、これら3つが含まれるものを食べるようにするといいですよ。




生活習慣の冷えには



特に睡眠不足や睡眠の質の低下は内臓機能を低下させるので、仕事とリラックスする時間を意識的に分けることが、質の良い睡眠を促すことができます。



対策として、寝る前にはお風呂に入ることで身体を温めたり、ストレッチなどで身体をほぐすことが質の良い睡眠を作ることができるので、50代の女性の方は入浴やストレスを意識的に行うようにします。



内臓機能を高めるには、主にお腹や背中を温めることが効果的で、冬場は、カイロなどで、背中やお腹周りを温めると効果的です。










この記事へのコメント