寒さが原因でもあるお腹の冷えに効果的なやり方を解説

寒さが原因で冷えやすいのがお腹ですが、下痢になることがあります。 お腹が常に冷えていたり、冷たいものを食べると冷えてしまいひどいと下痢になり、腹痛が起こる原因に。 それは、お腹が芯から冷えているからです。 その原因は様々で、“急性の冷え”と“慢性の冷え”の2つあります。 急性の冷えによりお腹を冷やしてしまうことも  寒さや、夏場での冷房、水仕…

続きを読む

冷えにより起こる腹痛は血液の巡りが悪いのが原因

冷えにより腹痛が起こってしまうのにはさまざまな原因があります。 腹痛以外にも、冷えによって起こるさまざまな症状により体調不良になることも。 原因に気付くことができれば対処することができます。    冷えにより腹痛になる理由  急に体が冷えることで、体の機能が停滞。このとき、血液は各細胞、臓器の栄養源ですので、血液の巡りが悪いと体の機能…

続きを読む

冷えが原因で腹痛になる理由

お腹が痛いのは、冷えが原因かもしれません。 というのも、急に体が冷えることで、体の機能も停滞、血液は各細胞、臓器の栄養源としており、血液の巡りが悪いと体の機能も停滞します。 胃腸も動きが弱くなり、食事を消化できずに未消化で腸へ送り出してしまい、腹痛の原因に、慢性的な冷えがあると下痢や便秘といった症状を併発する人が実際にいます。 体が冷えることで …

続きを読む