冷え性対策として体を温める効果のある飲み物

温活は、日頃から体を温める習慣として、冷えたときに温めるのではなく、普段から体を温めて、冷えによる不調や辛さを予防するために行います。



温かいペットボトル飲料のイラスト.png






冷えは、体温が低いだけだと思っていませんか?  


体の中の「温度差」が大きい状態が不調の原因になるといわれているので、外気にさらされている部分や、心臓から遠い手足など冷えやすい部分を温め、血流を良くして、体全体にめぐらせることが重要になります。





温活に効果のある飲み物




ノンカフェイン・カフェインレスを含むもの。コーヒーに含まれているカフェインは、体を冷やす作用があるので、飲み過ぎには注意してください。



温かい飲み物は、ルイボスティーなどノンカフェインでも効果があります。




紅茶は、緑茶などと同じで、「チャ」の木から作られています。



茶葉の発酵を抑えたものが緑茶となり、一方でしおれるまで発酵させたものが紅茶になります。 



発酵する事で酵素が生まれ、酵素が活発だと代謝が良くなり、体温が維持されます。




ココアは「テオブロミン」という血管を拡張する効果のある成分が含まれているので、血行を促して、体を温める作用があります。


また、自律神経を整える効果もあるので、寒い夜に飲むとリラックスできますよ。



生姜が体を温めてくれるのはご存知だと思いますが、これは、「ジンゲロン」や「ショウガオール」といった成分が、血行促進・血流改善に作用するからです。


でも、「生の生姜」には注意が必要で、生の生姜は発汗を促すことで解熱作用があるので温める効果がなく逆効果です。


乾燥した生姜を使った「しょうが湯」なら飲むことで体を温める効果があります。



赤ワインには「ポルフェノール」が含まれているのですが、血液の循環を良くする働きが期待でき、体を温めるのには効果的です。


赤ワインにシナモン・八角・クローブなどのスパイス、オレンジなどの柑橘類、ハチミツなどを加えて作るホットワインは、温めることでアルコールが飛び味の調整ができるので冷え性対策に期待できます。



体を冷やしてしまうのが、ホットコーヒーです。コーヒーに含まれるカフェインが、内臓を冷やしてしまいます。牛乳や豆乳もホットミルクとして飲んでも効果はないので、ココアや「しょうが湯」を飲むようにして下さい。





"冷え性対策として体を温める効果のある飲み物"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: