冷えによる脚のむくみを改善するための方法

むくみは、血液やリンパ液の流れと深く関わっていて、通常、心臓から送り出された血液は、細胞に酸素や栄養分を届けると、今度は二酸化炭素や老廃物、余分な水分などを回収しながら静脈やリンパ管を通って心臓に戻ります。


dmFTHG7699_TP_V.jpg



静脈やリンパ管には、自分で血液やリンパ液を運ぶ力がほとんどないため、下半身から心臓に戻るときに、ふくらはぎなど足の筋肉がポンプの役割をして、回収した余分な水分や老廃物とともに上半身へと押し上げます。



しかし、筋肉が衰えていたり、同じ姿勢が続いたりして筋肉の動きが少ないと、ポンプ作用がうまく働かないので、血液やリンパ液を押し上げることができずに、余分な水分や老廃物が下半身に滞ってしまいます。




滞ってしまった余分な水分や老廃物は、やがて血管やリンパ管の外にしみ出して皮膚の下にたまってしまうので、むくみになるんですね。



むくみは血行不良や冷えも関係していて、ケアせずに放置しておくと、血行不良や冷えもそのままになってしまうのです。




冷えやすいとむくんでしまう訳



むくみというのは、原因はさまざまで、ほとんどが血液やリンパ液をはじめとした体内の水分循環がスムーズではないことが明らかになっています。



むくみも冷えも血液の流れやリンパの流れが滞ることにより起こり、血液の流れが悪いと、体の末端まで血液が届かず、冷えにつながります。


血液が体の末端まで十分に届かないことにより、余分な水分や老廃物は回収されずにたまってしまいます。


それがむくみの原因につながるというわけです。



むくみの原因は冷えであることが多いので、むくみやすいということは冷えやすい可能性があります。



DJFTHG8136_TP_V.jpg



むくんでしまうのは、余分な水分や老廃物がたまっているということ。



そのたまった水分や老廃物は血管やリンパ管を圧迫し、血液やリンパ液の流れを悪くしていきます。


悪循環の中で、余分な水分や老廃物はどんどん蓄積されて、蓄積された余分な水分や老廃物はやがて脂肪細胞に吸収されていきます。




脂肪(セルライト)がむくみの原因に



脂肪(セルライト)がたまることでむくみやすくなるというのをご存知ですか?



脂肪細胞が肥大化し、脂肪を溜め込んでしまうことで、皮膚がボコボコとした状態になるのを脂肪(セルライト)と呼ばれています。


むくみは脂肪細胞の栄養源(余分な水分や老廃物)となり、脂肪(セルライト)をためやすくします。





脂肪(セルライト)は、運動やカロリー制限で落とすことが可能ですが、ため込んでしまった脂肪を落とすことは簡単じゃないんです。



脂肪が蓄積されると、脂肪で圧迫された血液の流れはさらに悪くなり、脂肪は一度冷えてしまうと温まりにくいという性質があります。


脂肪はさらなる冷えを招き、むくみの原因になります。




脚の冷えに効果がある運動



この方法は、いつでもどこでもできる運動で、まず、かかとを起点に、ゆっくりと足首を曲げます。


次に、もとに戻す動作を繰り返します。



寝た状態で行うときは、枕やクッションなどの上に足を乗せて、足の位置を自分の心臓より高くした状態で、 
行うとより効果があります、



ふくらはぎの筋肉を直接動かして、ポンプ作用を働かせることで、血液やリンパ液の流れを促進させることができます。


これを行っても、むくみが解消されないかもしれません。



むくみの多くは一過性のもので、あまり心配する必要はないのですが、病気が原因となるむくみには注意して下さい。



というのも、むくみの原因となる病気には、心臓病や肝臓病、腎臓病など、さまざまなケースが考えられるからです。




むくんでしまうときや、ケアをしてもむくみが解消されない場合がある、数日で急に体重が増えた場合は、病気の可能性もあるので、早めに医療機関を受診するようにして下さい。














"冷えによる脚のむくみを改善するための方法"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: