冷え性に効果的な青汁の飲み方

paku1220IMGL5047_TP_V.jpg



野菜不足が気になる方でも、手軽に野菜の栄養を補えるのが青汁。


忙しくて時間がなくても青汁を飲んでいると、疲れにくくていいんですよね。



青汁にはさまざまな栄養素が含まれていて、商品によっては主原料が違うものがあります。



一般的には、大麦若葉、ケール、明日葉、桑の葉を使用したものが多いです。形状は、粉末タイプや冷凍タイプといったものも。





野菜不足が気になれば





青汁には、野菜に含まれる食物繊維やビタミンなどが豊富に含まれているので、野菜を十分に摂れていないというときに、良いんです。



毎日の生活で、調子が良くないというときは、食物繊維不足が考えられます。









飲むタイミングですが、朝、起きた時でもいいですし、昼食と一緒に飲んでも効果がありますよ。




なぜ、朝起きた時に飲めばいいのかというと、起床後は身体がもっとも栄養を吸収しやすい状態だからです。



なので、朝食と一緒に摂ると、栄養バランスがアップします。


食事の前に飲むことで、空腹感を抑えられ、食べ過ぎを防ぐことが出来ます。



冷え性になると



手足が冷たくなったり、頭痛や肩こり、集中力の低下、生理不順といったことに。



人間の身体は毛細血管を使って体温を逃がさないようにしています。



そこに血液が行き渡らない状態が続いてしまえば、いつまでも血管が収縮しているので冷たくなってしまうんです。



女性に冷え性が多い訳は、筋肉が男性よりもつきにくいということと、血流不全を招きやすいということが考えられます。


生野菜だと身体を冷やしてしまう。


でも青汁を飲むことで、代謝を活発にしたり血行を良くする成分が豊富に含まれており、毎日継続的に飲むことで身体が温かくなっていきます。


成分には、ビタミンのほかに鉄分などのミネラルが豊富に含まれているのも効果がある理由です。











"冷え性に効果的な青汁の飲み方"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: