末端冷え性に効果的なマッサージの仕方

feeh-costa-6KqPK1MMLhg-unsplash.jpg



冷え性になると、寒いわけでもないのに手足が冷たく、布団に入っても手足が冷えて眠れない。



お風呂に入ってもすぐに手足が冷えてしまったり、厚着をしても体が冷えてしまう。女性の方は、便秘や下痢になりやすく、何をしても痩せられないなどの特徴があります。



そのままにしておくと体に様々な不調が出てくる可能性があります。




冷え性は、血液の流れが悪いため毛細血管へ温かい血液が流れず、血管が収縮し、手足などが冷えてしまうことからそう呼ばれています。



気温と冷えてしまうのは関係がないため、体が温まらず、真夏でも冷え症の症状は出てきます。



女性の場合、男性よりも筋肉量が少ないので熱を作りにくく冷えやすい体質であるということ。一方の男性はというと、加齢によって筋肉量の低下や、臓器機能の衰えなどにより熱を発することが出来なくなるので、冷えを感じることがあります。


特に高齢の男性は頻尿の原因になったり、体を温めると肩こりや腰痛などが楽になる場合は、冷えてしまうことも。



末端が冷えてしまう原因



血液がドロドロだったり血管が細かったりして血行が悪い状態になら、血液が手足の末端部分まで届くことはありません。



そうなると、手足の末端が冷えてしまい、手足だけを温めようとすると冷え性を改善うることができません。



というのも、人間の体はまず内臓を温めようとして、体の中心に血液を集中させるので、末端である手足には十分な熱が行き渡らなくなってしまうからです。 


その原因を踏まえて、日常生活の中で、対策をすれば改善することができます。




末端の冷えには手指のマッサージ 



指先の血行を良くすることで、全身の血行が改善され、肩こりが軽くなり、疲れやだるさが取れて、体温が上がります。



手足が冷えてしまうのは、ストレスや不規則な生活による自律神経の乱れ。下着の締め付けやキツい靴、貧血や低血圧、筋肉量の減少、加齢に伴う女性ホルモンの乱れなどで血流が滞ってしまいます。



なぜ、手指をマッサージするのかというと、手には、ツボがたくさん集まっており脳と直接つながっているので、手指を温めたり、手のツボを刺激することで脳の血流が良くなるからです。



自律神経のバランスが整い、体の不調も軽減することもできます。



やり方は、手のひらから指の付け根までを親指でくるくるとなでたあとに、手首にあるリラックスのツボ「大陵(だいりょう)」と「神門(しんもん)」を刺激するようにして下さい。




脳を活性化させるマッサージも 




やり方は、腕と手全体をなでたりさすったり、ストレッチなどでやわらかくし、精神や脳と深いつながりがある爪の周りや指先を丁寧にマッサージします。



各指の第一関節の付け根を丁寧にひねり、第二関節も同じようにします。




























"末端冷え性に効果的なマッサージの仕方"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: